過バライ金請求|素人が過払い金請求に挑戦した結果

過バライ金の引き直し計算ってなに?

過バライ金請求をするときに、どのくらい過バライ金があるのかを調べるための計算方法があるようです。

 

このことを、過バライ金の『引き直し計算』って言うそうです。

 

 

引き直し計算

消費者金融といった貸金業者から、初めにお金を借りた時から、全額取引履歴(借入、返済)を法定金利で計算し直すことによって、過バライ分の利息を元金の返済に充てます(引き直し計算)。
引き直し計算を行うことで、借入金の元金が減少され、場合によってはマイナスになることも考えられます。

 

この元金がマイナスになった場合のことを、「過バライ金が出た」とか、「過バライとなっている」と表現します。
発生した「過バライ金」は、「過バライ金請求」が可能になります。

 

しかしながら、完済日が10年以上過ぎているといった場合、過バライ金の請求する権利が時効となり、過バライ金請求できないのです。
引き直し計算は、弁護士事務所、司法書士事務所で行なってもらえます。費用なしで行なってくれる事務所もありますが、なるたけ、過バライ金請求を頼む事務所にお願いしましょう。

 

引き直し計算と、返還請求書作成まで行なってくれるシュアウェアのソフトもあります。

 

過バライ金返還請求書(訴状)の制作まで行なってくれますが、自分ひとりで過バライ金請求をすることは、あんまりおすすめできません