過バライ金のグレーゾーン金利ってなに?

過バライ金のグレーゾーン金利ってなに?

過バライ金請求について調べていると、必ず出てくる『グレーゾーン金利』ってなんなの?

 

調べてみましたら。

 

グレーゾーン金利っていうのは、息制限法で定めた貸付金利の上限額と出資法で定めた貸付金利の上限額との間の貸付金利だそそうです。

 

2つの法律があり、それぞれの上限額が違っていてその差額が発生していてその差額の幅のことがグレーゾーンというのだそうです。

 

グレー・・・

 

「黒でもなく、白でもなく、灰色との解釈での金利」でグレーゾーン金利と呼ばれるようになりました。
白・黒どっちやねん!

 

 

利息制限法では違法(黒)なのに、なぜか出資法という別の法律では白、つまり合法になっている矛盾があったようです。

 

どちらもお金を貸し付けて金利を得る・・それを商売として行っているのに
二つの法律の存在が現代社会に弊害を及ぼしています。(無担保ローン・クレか社会)

 

合法であるとして契約・・・しかし違法性もなくもない・・・

 

当時、貸金業者は白と解釈していたのだと思います。